和歌山会社設立サポートセンター

株式会社設立費用

毎月10社限定!!会社設立応援キャンペーン 手数料0円!登記などの実費負担のみでOK! ※税理士顧問契約を結んでいただいた際の特別料金になります。

会社設立は和歌山会社設立サポートセンターにおまかせください!
会社設立のために必要な書類の作成は、細やかな作業です。
面倒な書類作成作業はプロにお任下さい!

なお、法務局等へ支払う実費は、以下の通りです。

株式会社設立の際の実費費用

定款に貼る印紙代
40,000円
定款認証手数料
(公証人役場)
50,000円+消費税
定款認証手数料
(法務局)
資本金×0.7%(最低150,000円)
合計
約25万円

表示の価格はすべて税抜き価格となります。

4万円のお得情報

表示の価格はすべて税抜き価格となります。

合同会社設立費用

合同会社(LLC)は出資者全員が間接有限責任を負う会社形態で、小規模企業としての運営には最適な会社形態です。

合同会社設立の際の実費費用

定款認証手数料
(公証人役場)
不要につき0円
登録免許税
(法務局)
資本金×0.7%(最低60,000円)
合計
6万円

表示の価格はすべて税抜き価格となります。

合同会社䛾特徴

メリット

間接有限責任
合名会社の場合は、会社が倒産等の事態に落ち入った時には、無限責任社員(出資者)は無制限に責任を負わなければなりません。 しかし、合同会社は株式会社と同様に間接有限責任であるため、出資額を超えるリスクは回避できます。
企業の所有と経営の統合
出資者は、必ず取締役(「社員」という)になるため、迅速な意志決定が可能。
会社設立コストが安い
定款認証手続きが不要で、登録免許税も6万円と安い。
利益や権限の配分が自由
利益配当や権限の配分を出資額と関係なく設定できる。
1人会社、組織変更可能
1人でも設立できる。また、後に株式会社に変更することも可能。

デメリット

役員の呼称
取締役ではなく、社員という。社長は代表社員と呼ぶ。
合同会社のイメージ
零細企業のイメージを持たれる恐れがあり、取引に一定の条件が課される可能性もあり得る。また、従業員を募集する際に会社組織の形態が新しいため、人材が集まりにくい可能性がある。
社員同士の対立
社員同士で意見が分かれると、意思決定がスムーズに行かない可能性がある。
設立後も完全サポート

相続特化サイト