和歌山会社設立サポートセンター

資金繰りの相談

設立後の資金繰り

誰もが頭を悩ませる設立後の資金繰り。助成金と融資についてのポイントを押さえておきましょう。

開業前に手続きしないと、受け取れないものもありますので、設立手続き前にしっかり相談しましょう。

はじめての融資(日本政策金融公庫の活用)

主な助成金例です。いずれも雇用保険加入が前提です。詳細はご確認ください。
会社設立時の資金調達法として最も身近なのが、『日本政策金融公庫』の融資活用です。銀行などに比べ、比較的融資してもらいやすい調達手段ですが、資してもらうためのポイントはしっかりおさえておきましょう。

日本政策金融公庫活用の3つのメリット

金利が安く、固定
将来の金利負担が大きくなる心配がない。
長期で融資してくれる
最長5年貸付。急に全額返納を要求されることはない。
新規開業者に優しい
実績のない会社でも融資。元金返済の猶予措置あり。

日本政策金融公庫の融資申請の流れ

書類提出

日本公庫に融資申請書類(借入申込書・企業概要書・創業計画書)を提出。申請書類は公庫HPからダウンロードできます。

一週間前後

担当者との面談

日本公庫担当者との面談を行う。
場合によっては追加資料・補足資料の提出を求められます。

ニ週間前後

審査

公庫内で審査が行われ、融資実行(決定)すると、決定通知と融資手続の書類が送られてきます。

一週間前後

融資実行

手続書類に必要事項を記入し、日本公庫に提出をします。
指定口座に融資金が振込まれます。

相続特化サイト